マンション購入と賃貸のそれぞれのメリット

ライフステージの変化がマンション購入のきっかけになる人は少なくありませんが、購入と賃貸のどんな点を考えて購入に踏み切るのか考えてみます。

マンション購入と賃貸のそれぞれのメリット

賃貸と購入のそれぞれのメリット

マンション購入と賃貸のそれぞれのメリット
就職や昇進、あるいは結婚や出産をきっかけに住まいについて考えるようになる人は多いかもしれません。
生きていくうえで衣食住は必要欠くべからざるものですが、その中でも「住」というポイントは一番お金がかかる上に、生活の質を決定するとても大事なものと言えます。
そもそも私たちは出身地や育った場所、あるいは仕事の都合や家族の事情でおのずとどこに住むかが決まってくるものです。
経済状況が許せば、そこに色々な選択肢が加わってきます。
ローンを組んで住宅を購入するか、それともこのまま借家住まいを続けるかといった選択はその代表的な例です。
ほかにも選択すべきことはたくさんありますが、まず基本的に決定しなければならないのはこれに絞られるでしょう。
なぜかと言えば、だれでも自分の持ち物である場所に住んでいるか、あるいは誰かから借りた場所にすんでいるかのどちらかしかないからです。
住まいには一軒家や集合住宅など、色々な形態がありますが、まずこの記事ではマンションについて考えることにしましょう。
マンションに住まうにしても、分譲マンションを購入する方法と賃貸マンションを借りる方法のどちらかしかありません。
マンションを購入したとしましょう。
ローンを組んで購入した場合、月々ローンの返済をしていかなければなりません。
返済が終わるまでに何十年かかかるかもしれませんが、返済が終わればもうそれで終わりです。
そのマンションはもう自分のものですから、財産にもなります。
自分が死んだら、その財産を誰かに相続することもできます。
しかし、賃貸で住んでいる場合は、この先もずっと家賃を月々支払っていかなければなりません。
どんなに長く住もうとも、そのマンションが自分のものになるわけではありません。
でも、あくまでも借りているにすぎませんから、いつでも好きな時に契約を解除して引っ越すことができます。
違う場所に住むのも、もっと家賃の高いあるいは安いところに住むのも、広い場所に引っ越すのも自由です。
購入すればそのような自由はなくなることを覚悟していることが必要でしょう。