マンション購入と賃貸のそれぞれのメリット

結婚などをきっかけにマンション購入に踏み切る人は少なくありませんが、人生のどの時期に購入するのが実はベストなのかご紹介します。

マンション購入と賃貸のそれぞれのメリット

購入するならいつごろ買うか

マンション購入と賃貸のそれぞれのメリット
購入と賃貸のメリットとデメリットをよく考えた上で、それでもやはりマンションを購入したいと考えた場合、いったいどの時期に買うのがふさわしいのか検討する必要があるでしょう。
どの時期と言っても、金利がどうのと言うつもりはありません。
そもそも金利などの経済的な分野は専門外です。
どの時期というのはライフステージから見てどの段階でマンションを購入するのがベストかということです。
例えば、だれだって大学卒業したてで就職したばかりの時期にローンを組んでマンションを購入する人なんていないはずです。
それはなぜでしょうか。
なぜならまだ仕事にも慣れていない上に、その仕事がずっと安定した仕事かどうかわからない、それにこれからの人生だってどう展開していくかどうかわからないからです。
それにまだマンション購入の必要性を感じている人もこの段階では少ないことでしょう。
仕事にもだいぶ慣れてきて、社会人としての経験も積み、30歳前後のあたりで結婚したとします。
マンション購入について考え始めるのはだいたい結婚がきっかけという人は多いでしょう。
結婚して二人の新居を持ちたくなるのは当然です。
二人とも都内に通勤しているならなおさらのこと、都内から通勤1時間前後のところにマンションを購入したくなるかもしれません。
でもまだこの時期は実はまだ早すぎます。
なぜなら、二人の家族構成がまだ決まっていません。
もちろん結婚の段階で二人の間では子供を作るか作らないか、作るとしたら何人くらいかなどはほぼ話し合っていることでしょうが、それでも人生には予想しえないことというのも起こりえます。
子どもが生まれて、その子供が小学校に入学したあたりが実はマンション購入の時期なのです。
ライフステージのこの時期には、大体何人家族で、どんな間取りが自分たち家族にはふさわしいか、部屋の数はどのくらい必要かというのが見えてくるものです。
ですから、マンション購入の時期は焦らず、ふさわしい時期まで待つようにしましょう。