マンション購入と賃貸のそれぞれのメリット

「古い」という弱点はあっても、やはり価格面で魅力的な中古マンションにはどのような良い点、また注意すべき点があるのでしょうか。それらについてご紹介します。

マンション購入と賃貸のそれぞれのメリット

中古も侮れない

マンション購入と賃貸のそれぞれのメリット
先ほどの記事では、何と言っても新築マンションがお勧めだと言いました。
しかし、一応中古マンションも一概に侮ることはできません。
あくまでも比較の問題で、新築のほうが中古より断然いいというだけで、別に中古マンションがダメだというわけではありません。
ですから、ここで簡単に中古マンションの良い点と注意したい点を見てみることにしましょう。
中古マンションでやはり気になるのは何と言っても「古い」ということです。
大抵の場合築年数が20から30年経っているマンションがほとんどです。
もちろん初めから中古とわかって買うのですから、そんなことを今さら言っても…という感じですが、やはり新築マンションと比べてしまうと、外装や設備の古さは否めません。
新築マンションの場合、設備はすべて最新式ですが、中古マンションの場合は下手をすると建築当時の設備をそのまま使っていることもあります。
内装だけはリフォーム次第で何とでもなるのですが、マンションの構造上限界もあります。
間取りまでいじるようなリフォームはできない場合がほとんどですし、できたとしてもやはり高額になってしまいます。
しかし、「古い」だけあって、価格は新築マンションに比べ、3から4割安く購入できるのはこの経済不況の中にあってかなりの高ポイントでしょう。
好立地にある新築マンションを購入しようと思っても、価格が高すぎてなかなか手が出ないところ、中古マンションの場合だと好立地にあっても手ごろな価格で購入できる場合がほとんどです。
また、新築マンションだと完成前で中に入って見ることができない部屋の様子も、中古マンションだと中の部屋の様子を確認してから検討できるので、家具の配置や購入後の生活のイメージが描きやすいと言えます。
更にマンション購入で外せないのがどのような管理がなされているかですが、中古マンションの場合はちゃんと管理を見ることができるので、この点は新築より有利だと言うことができるでしょう。