マンション購入と賃貸のそれぞれのメリット

自然災害が多い日本で、耐震対策がなされたマンションに住むことは大事です。その点でチェックすべきポイントを押さえましょう。

マンション購入と賃貸のそれぞれのメリット

地震や災害に強い住まい

マンション購入と賃貸のそれぞれのメリット
最近自然災害が多くなってきた…と感じる方は少なくないことでしょう。
2011年の3月に起きた東日本大震災に始まり、最近でも関東において竜巻が発生するなど、自然が猛威をふるっている、ということを実感されることと思います。
とりわけ、日本の場合は島国ということもあり地震が非常に多い国として知られています。
ですから、マンションを購入するにあたり耐震強度は大丈夫なのか…と心配される方は少なくないことでしょう。
国が定めた一定の基準を満たしていることは当然ですが、実際に地震が起きた時のためにどのような設備をしているのか、といった具体的な情報が必要になってくるに違いありません。
また、自然災害だけでなく人災も生じえます。
火災が起きた場合などのために、燃えにくい材質のもので建てているかどうか、といった不安も解消されなければなりません。
こうしたさまざまな情報がしっかりそろい、かつその情報通りに施工されているなら安心してマンションを購入することができます。
では、最近のマンションはどのようなシステムを備えているのでしょうか。
まずは地震に関してです。
新しいマンションの場合あらかじめ免震システムを導入しています。
おそらく多くの方がテレビのコマーシャルなどで目にしているかもしれません。
これはどのようなシステムなのでしょうか。
これは、建物と地盤の間に強力なゴムのようなものをはさみ、地震によって生じたエネルギーを建物に伝わりにくくする、というものです。
つまり、ゴムが間に入ることにより揺れのエネルギーを吸収してくれる、というわけです。
ですから、本来の地震よりも揺れが少なくて済む、というわけです。
このように、最近のマンションは地震対策もバッチリなのです。
では、火災などの人災の場合はどうでしょうか。
もちろん、火災の場合その大きさによっても被害は違いますが、使っている材質などは火災に強い材質のものを使用しています。
つまり、燃えにくいので延焼を防ぐというわけです。
このような対策がもうけられているのです。
とはいえ、実際に購入するにあたり、しっかりと自分で調査の必要があるのは当然のことです。
自分の目で確かめることをお勧めします。