マンション購入と賃貸のそれぞれのメリット

ペットを飼っている人がマンション入居後も飼い続けたい場合、隣近所に迷惑をかけないために注意したい点を幾つか挙げてみましょうか。

マンション購入と賃貸のそれぞれのメリット

ペットを飼っている場合

マンション購入と賃貸のそれぞれのメリット
あなたは何人家族ですか。
子供は何人いるでしょうか。
子供がいないでしょうか。
ある人は、子供はいないけど、子供のかわりはいる…とおっしゃるかたがいます。
どういう意味でしょうか。
そうです、それはペットのことです。
しかし、そういった人に面と向かって「ペットですね?」と聞くと「いいえ、家族です」と答えることはしばしばです。
そう、ペットを飼っている家族にとって、そのペットは家族の一員同様なのです。
しかし、実際問題として人間ではないというのは事実です。
ですから、住む場所によっては問題が生じる場合があります。
ですから、気を付けなければならない点がいくつかあります。
ともに考慮してみましょう。
マンションを借りている場合です。
借りているマンションであれば、なおさらそうした問題は生じやすくなることでしょう。
なぜでしょうか。
仮に、大家さんがペットを飼うことを良しとし、マンションとしてもペットを飼ってよいとされているとします。
しかし、もし自分の買っている犬がしょっちゅう吠えてしまうなら、その吠え声は隣近所に聞こえてしまい、隣近所からの苦情がきてしまう、という結果になってしまいます。
もちろん、飼っていいという規定ですが、やはりしつけをきちんとしなければ自分自身が住みにくくなってしまうのです。
くわえて、マンションの場合は外に出かけるときに、外の廊下やエレベーターホールで住民と出くわすことはたびたびあることでしょう。
そういったときに、他の人に噛みついてしまったり、嬉しさ余ってとびかかってしまう、ということが無いように気を付けなければなりません。
こうしたことによってご近所の住人を怪我させてしまった、という事例は少なくありません。
ペットは家族同様であり、一員です。
これはつまり子供のようなものである、と理解することができるでしょう。
ですから、しっかりとしつけをすることによって、こうした問題を避けることができるのです。
集合住宅の場合こうしたことに気をつけるべきでしょう。